読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の旅人 ~そこらじゅうに溢れてる30代夫婦のカオスな日々~

35歳の既婚者男性が日々の暮らしについて呟きます。会社がある渋谷周辺のご飯情報やメンズ美容についても少々。

赤字の場合、家計簿なんかつけてられない。

月々のやりくりが上手くいっていないときを「家計は火の車」と言う。上手いこというもんだな、と思う。

毎月の収支が赤字のとき、まさに火の車に乗っているようで苦しくて仕方ない。僕は結婚してから、…いや結婚前からこんな感じだった。

引越しで30万、婚約指輪に40万、結婚式に300万、出産で40万…。こんなの年収300万の男に支払えるような額ではない。親に借りたり、大昔に蓄えていた貯金を切り崩したりして何とか乗り越えた。

その後と毎月の収支はマイナスが続いた。

f:id:ooinarutamasii:20161118094117g:plain


かつては男ながら家計簿をつけていて珍しがられたもんだが、赤字が続いてからその珍しい習慣も途絶えてしまった。

要は苦しいのだ。切りつめて切りつめてやってるのに帳尻が合わない。これ以上、何を切りつめろと言うのだ??

赤字のときに家計簿をつけると自分で自分を苦しめているような感覚になる。営業で言うと自分で自分を詰めている感じ。

こんな苦行、誰が続けられるというのだ。

結論。

赤字が分かってる場合、家計簿なんかつけなくていい。つけなくたって月々の収支がマイナスってことぐらい感覚でわかるでしょ。

それよりもどうやって収入を増やすかを考えよう。ようゆく月々の収支がプラスに転じたからこそ言わせてもらうが、赤字の場合は切り詰めることばかり考えるのではなく、思考を切り替えて収入を増やすことを考えよう。

そして僕は暫くぶりになるが家計簿をつける習慣をリスタートさせようと思う。


都会の生活 ブログランキングへ